Gスポットを刺激して大きいと悶える熟女

Gスポットを刺激して大きいと悶える熟女Gスポットはクリでイクよりも、もっと深い快感があると言われています。

私 TOMIZO は男なので残念ながらクリとGスポットのイキかたを体験できないのですが、話を聞く限りでは中でイク方が気持ちいいらしいですね。

Gスポットは無条件に感じるというわけではなく、それなりに練習が必要なようです。アダルトビデオで女優さんがGスポットを刺激されてオーガズムというパターンは良く見ますが、男優さんのチカラの入れ具合によってはただ痛いだけ。
女性側の適度な訓練と男性の協力があって初めて得られるのがGスポットの絶頂のようです。

動画の概要

複数の熟女がオナニーをしている痴態を見せてくれるオムニバス形式の動画のなかの一人の熟女をご紹介。
この熟女、ローターやバイブなどのおもちゃを使ってオナニーをしています。ピンクローターのイボイボが気持ち良いらしく、「イボイボが気持ちいい」と正直に。熟女の動画を見ていて面白いのは、ちゃんと言葉で表現してくれるところですね。聴覚でも興奮できます。

一番のお気に入りがGスポットを刺激できるオルガスターというバイブのようです。曲がったオルガスターの先端をGスポットに当てながら、「大きい、大きい」と悶えながら果てていきます。

外と中で感じる女性用バイブ オルガスター 膣内に入れる先端部は女性の性器の形状を考え、動きに応じてだんだん奥へ移動するのが特徴。胴体付け根の凹凸部(ボツボツ)がちょうとクリトリスに当たり、絶妙な振動とあいまって、狂おしいほどの快感をもたらします。Gスポットとクリトリス、中と外が両方気持ちいい1つ2役のバイブです。
中と外で感じて綺麗になるバイブ オルガスター
熟女もののアダルト動画は比較的に若い世代にウケているというのは、どうも若者が母親離れできていないことが要因のひとつのようですね。しかし、我々中高年世代にも熟女ものは人気があります。

私 TOMIZO が熟女もの動画の好きな理由は、はやり熟女は喋るということ。若いAV女優さんも嫌いではありませんが、行為中に「アン、アン」と言っているだけで見ていて聴覚をあまり刺激されません。

一方の熟女は、この動画の女性のように「気持ちいい」とか「おっきい」とか「クリが気持ちいい」とか、聴覚からも興奮できるところが好きですね。

この女性が使っているバイブはちょっと変わった形をしていますが、オルガスターといってGスポットが刺激できるように先端が曲がってます。この先端が上手い具合にGスポットを刺激し、同時に付け根の部分がスッポリとクリトリスを覆ってくれる。先端がGスポット、付け根のイボイボがクリと両方を刺激するから相当気持ち良い。

この動画の女性が何度も「大きい」と言っていたのは、先端のカリの部分が普通のバイブよりも少し大きめにできているから、膣内への刺激が半端なく心地よいそうです。抜けにくいから膣圧トレーニング(ケーゲルエクササイズ)にも向いているため、産後の女性や中高年にとても人気のようです。

»オルガスターの詳細はこちらから

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓